収入保障保険と定期保障の生命保険 比較

収入保障保険と定期保障の生命保険 比較

生命保険には貯蓄性のある終身保険と一定の期間の死亡時の保障に特化した掛け捨ての定期生命保険があります。両生命保険 比較して、掛け金を安くしたい場合には、定期保険を選択するのが一般的です。しかし、子供成長などに合わせて定期保険は何度か見直すのが一般的で、この見直しが面倒で、また高年齢になって見直した場合には、結構掛け金が高くなるデメリットもあります。

こうした定期保険のデメリットを解消する死亡保障保険として収入保証保険と言うのがあります。この保険は、何歳までと言う加入期間と、死亡時の月額何万円と分割払いされる死亡保険金を設定して加入するものです。若くして死亡すれば、その後毎月分割支給される保険金の総額は高額となり、加入期間が近づいて死亡した場合には、保険金の総額は少なくなります。

しかし、働き手が死亡した場合に、その方の給料の代わりに自分で設定した分割支給の保険金が毎月支払われ、残された遺族は生活設計を立てやすいと言うメリットがあり、また保障額が逓減する仕組みのため、一般の定期保険よりも掛け金が安くなると言う合理性があります。ただし、何歳であっても、一定の金額を遺族に残したい場合には、この収入保証保険は不向きで、定期保険の方が良いと言えます。

このように、死亡保障を目的として生命保険への加入を考える場合には、終身保険、定期保険と合わせて収入保証保険も検討すると良いでしょう。収入保証保険という新たな死亡保障の考え方を含めて生命保険 比較をされることをお勧めします。

最新情報

  • 収入保障保険と定期保障の生命保険 比較のホームページを更新しました

    2017年12月04日

    ホームページを更新しました。